病院を医療法人化するメリットとは

病院を医療法人にする際、医者への報酬というのは、法人からの給与としてお金を受け取ることになります。
要は、給与所得控除を受けることが可能となり、家族を役員に設置し、役員報酬を支払うことも可能です。
その他にも、所得税・住民税といった個人課税については、法人課税に変更となり、最高税率がこれまでよりも下がるため、たくさん税金をおさめずにすむでしょう。
そして、個人事業では設けられていなかった退職金支払いが、院長や家族へ行うことができます。
そもそも退職金は、通常受け取る給与と比較しても、税制面で大目に見てもらえるため、節税効果にもなるでしょう。
それから、お金の部分だけでなく、事業を広げたい場合にもメリットがあります。
病院を医療法人化する場合、分院・介護事業所など、様々な事業所を運営可能です。
さらに、もし子どもに病院の経営を任せる際にも、医療法人化していれば、開設許可をわざわざ受けずにすむという良さもあります。